藤野通 宿根草花壇

2018.6.17
写真は藤野通の緑地帯にある宿根草花壇。 場所は藤野通と国道230号が合流する付近。
この緑地帯の幅は1mくらいで、そこにオウゴンシモツケとアルケミラを交互に、その2種と並行してラベンダーが植えられています。
この3種を主体に、シャクヤク、アナベル、ラムズイヤーなどハーブ類が植えられています。 彩を添えるために、ところどころにベゴニアなどの1年草も植えられています。 黄色でこんもりと丸いのはオウゴンシモツケとアルケミラです。赤味を帯びたほうがオウゴンシモツケで、黄緑色はアルケミラ。

2018.7.18
写真は上と同じ場所を1ヵ月後に撮ったものです。 ラベンダーがきれいです。
我家周辺の歩道の街路樹桝に植えられているものは最盛期を過ぎて、じっと見つめると吸い込まれそうになるあの深い青紫色は既になくなっています。 ラベンダーの花の咲いている期間は長いように思われますが、本当の美しさ、輝きを放つ期間は意外と短いようです。

この花壇を最初に見たのは今から10年ほど前で、その当時はまだ株も小さく、道路が傾斜しているので雨が降ると土が流されるのではないか?、草取りや枯死した株の補充など維持管理が大変だろうな などと思いながら、少し急ぎ足になると息が切れる程の傾斜のある歩道を歩いたのを覚えています。
それから10年。 現在も雑草のない手入れが行き届いた花壇になっています。

イワガラミ

自転車で平岸通を走っていると、道路反対側の擁壁の天端に、白いものが咲いているでの、何だろうと思い、近づいてみるとイワガラミの花でした。
2018.7.18
場所は、地下鉄南北線と並行して走る平岸通を南方面(定山渓)に向かって行き、地下鉄真駒内駅を通り越して500mほど行ったところです。
花は最盛期を過ぎたのか、本来の美しさに欠けるものですが、普通、ツルアジサイやイワガラミなどツタ類は樹木を這い上る、縦に長い樹姿を見る、イメージするのですが、今回は横にずるずると這い伸びている姿です。 それが珍しく撮ってみました。
2013.7.14
写真は、百合が原公園のサイロに絡みつくイワガラミです。

 ⇒ イワガラミイワガラミ(その2)

<余談> イワガラミとツルアジサイの違い
両者は、同じユキノシタ科(アジサイ科)のつる性で白い花を咲かせる似た者同士ですが、はっきりとした違いが二つあります
一つは、イワガラミは樹木に絡みついて這い上るのですが、ツルアジサイは気根を出して樹木や壁などにへばりつきます。
もう一つは、イワガラミの花のように見えるがく片(装飾花)は1枚なのに対して、ツルアジサイは3~4枚です。

石狩川河口付近

先週の日曜日(7月8日)天気が良かったので、石狩川の河口付近までサイクリングしてきました。 豊平川の河川敷にあるサイクリングロードを走ります。 幹線道路を走るときは、背後から追い抜く車や信号、歩道を走ると歩行者などを常に意識して走らなければいけませんが、河川敷のサイクリングロードは、散歩やランニングを楽しむ人に注意すれば信号など自転車の走行を妨げるものがほとんどないので、快適なサイクリングを楽しめます。 それに、なんといっても、どこを見ても空、空、空、360°の視界で走るサイクリングは快適そのものです。
朝9時頃自宅を出発すると、途中で気になる植物があると写真を撮ったり休憩をしたりで11時過ぎ、約2時間強で到着します。 実際に自転車に乗っている時間は1時間半ほどです。


写真は河川敷のサイクリングロード終点近くで、ここから1kmほど下ると石狩川に架かる鉄橋、北海道で一番長い鉄橋、石狩川橋梁にぶつかります。
サイクリングロードの両サイドが赤く染まっています。 ヨシ(クサヨシ?)です。 夏の終わり、8月末になると、この赤茶けた穂が真っ白になります。

サイクリングロード右側は帯状に水が溜まっています。 このサイクリングロードを利用するようになって20年近くになりますが、7月にサイクリングロードに水たまっているのを見るのは初めてのことです。
今年の6月中旬から曇りや雨の日が多く、本州のつゆ状態が続いています。その影響か、強い雨が降ると水が引かないようです。テレビでは、サクランボが雨で実が割れて収穫できなくなっていると報道していました。
写真は、石狩川の堤防に上がって撮ったものです。
草原の向こうに樹林の間から白っぽい部分が見えます。 石狩川です。 写真では判りづらいが、水の色が少し濁っています。 3~4日前に降った大雨が原因のようです。 その遠く向こうに山並みが続いています。 どの辺りに位置する山々なのでしょうかね?

 

プラタナス  街路樹

2018.6.30
中央区西4丁目線の街路樹プラタナス。 写真奥の白い建物が道警で、道路を挟んで反対側にi道庁があります。

やっと、街路樹のプラタナスの新梢が伸びてきて樹冠が緑でこんもりと街路樹らしくなりました。
というのも、プラタナスの芽吹きは比較的遅く、剪定されるとさらに遅くなり、新葉が開き始めるのが5月下旬~6月上旬で、「新葉が出てきたな」という雰囲気になる、そのように感じるのが6月中旬です。
通常、イタヤカエデ、シナノキ、シラカバ、ケヤマハンノキなど北海道に自生する樹木は5月中旬頃に芽吹き、5月末には新葉が開き、6月上旬には青々した樹冠になります。 ところが、この街中に街路樹として植えられたプラタナスはとにかく芽出しが遅く、公園などの樹木はとっくに葉を開いているのに、街路樹のプラタナスが冬枯れのように裸木が目立ちます。
今年の6月は天候が不順で、そんなことも影響しているのか、そう感じてしまうのか、街路樹プラタナスがやっと樹冠全体が葉で覆われるようになりました。

簾舞  宿根草花壇

車で国道230号線を定山渓に向かって走り、南区藤野の住宅街を通り越して1km程行ったところ、ラーメン山岡家がある反対側の道路用地の一画に写真の宿根草花壇があります。
2018.6.17
この花壇を見かけたのは今から10年ほど前で、その頃と趣が変わっているので、おそらく、花好きな人がいて、自分の好みの植物を植えるとか、成長の芳しくない株を取り換えるとか、反対に成長が良過ぎて周りの植物を弱らせるなど悪い影響を与えるため、その株を取り除くなど、毎年、草刈を含めて丁寧な管理をされているようです。 花壇の大きさは、長さ12~13m、幅約5mほど、60~70㎡の宿根草花壇です。

植えられている植物は、
・赤黒い葉をした樹はケムリノキ
・黄色の株はオウゴンシモツケ
・手前の道路との縁取りに植えられている黄緑の株はアルケミラ、
・そのほかに、ジャーマンアイリス、アマ、ライオンロック(ナデシコ)、セラスチュウム、ガウラ、白、ピンクのゲラニウム(フウロウソウ)、キリンソウ、シャクヤク、ヤマブキショウマ、クリスマスローズ、チョウジソウ、ミヤコワスレ、ラベンダー、アヤメ、シモツケソウ(キョウガノコ?)などです。 2018.6.17
赤色の花はポテンティラ?、白とピンクはゲラニウム。写真右横はフイリイワミツバ、四角い茶色のトレリス手前の黄色の花はヤマブキショウマ。
そのほかに、矮性アリウム(アリウム カラタヴィエンセ?)、シャクヤク、チョウジソウなどが植えられています。

 

 

ウツギ ショウキウツギ

シャクヤクの花を撮りに百合が原公園に行ったのですが、まだ蕾で1週間ほど早かったようです。 そのかわり、ウツギ類がちょうど満開で、自転車で園路沿いを走っていると、バイカウツギの甘い香りが 漂ってきました。
普段公園などで見かけるウツギ類は、上述のバイカウツギのほかにタニウツギ、ベニウツギ、ハコネウツギ(ゲンペイウツギ)、そして、もう少し後に花を咲かせる(7月上旬)ウツギですが、今日取り上げるのは、ショウキウツギです。 2018.6.16
百合が原公園の池の淵に咲いていました。 株高は2~3mで上述のウツギ類と同じくらいの大きさになるようですが、このショウキウツギは枝が垂れるの特徴のようです。
2018.6.16
「シダレウツギ」という名前の方がぴったりするほど、枝が垂れて、その垂れた枝にびっしり花を咲かせます。 写真では花色が白っぽく見えますが、実際に見るともっとピンク色をしてます。
2018.6.18
別の場所にあったショウキウツギ。
ショウキウツギ:スイカズラ科コルクヴィッチア属(Kolkwitzia.amablis) 中国中部の標高1700~3000mの岩石地帯に分布する。 高さ2mほどになり、小枝が多く出てよく繁茂し、若枝には細毛がある。・・・・・・。(園芸植物大辞典)

<余談 その1>
ウツギがつく植物(樹木)で、札幌の公園や個人の庭などで普段見かけるものは、タニウツギ、ベニウツギ、ハコネウツギ、ウツギ、バイカウツギ、ヒメウツギ、ノリウツギの7種です。 科と属が違いますので、ここに記しておきます。

スイカズラ科  タニウツギ属    タニウツギ、ベニウツギ、ハコネウツギ

ユキノシタ科   ウツギ属      ウツギ、ヒメウツギ
(アジサイ科)  バイカウツギ属   バイカウツギ
        ノリウツギ属    ノリウツギ

ちなみに、ショウキウツギは、スイカズラ科ショウキウツギ属:コルキヴィッチア属ですが、この属はショウキウツギ1種のみの属です。

<余談 その2>
ショウキウツギの漢字名は「鍾馗空木」です。
この鍾馗の意味は、
中国の疫病をふせぐ鬼神。唐の玄宗皇帝の病床の夢に鍾馗と名乗って現れ、病魔を祓はらったので、画工の呉道士にその像を描かせたことに始まるという。濃いひげをはやし、黒衣、巨眼の姿で剣を帯びる。日本では五月人形に作ったり、朱刷りにして疱瘡ほうそうよけの護符などとした。(大辞林)
ということです。 一番身近なものは五月人形のようで、
鍾馗人形の画像  →   鍾馗人形

 

 

この寒さは何なのか?

札幌に来て40年以上経つのですが、今年のこの時期の寒さは初めての経験です。 一昨日から簡易ストーブで部屋を温めています。 これも初めての経験です。
今日(6月14日)は、樹木を調査する外の仕事だったので、この寒さを考慮して股引きをはいて出かけました。 それは正解だったのですが、北風が強くて、防寒着というかウィンドブレーカーを持っていかなかったために、寒くて寒くて途中で仕事を辞めようかと思うぐらいでした。

気象庁のホームページで札幌の気温を調べてみると、
  2018年6月  過去30年の6月の日ごとの平均気温  過去30年の4月

8日   14.1℃    15.7℃             11.3℃ 
9日   11.7℃    15.9℃             11.4℃
10日  12.5℃    16.0℃             11.6℃ 
11日  14.1℃    16.1℃             11.7℃
12日  12.1℃    16.2℃             11.8℃   
13日   9.4℃    16.4℃             12.0℃
14日  10.0℃※   16.5℃             12.1℃

上述は過去1週間の日ごとの平均気温です。
全ての日で過去30年間の平均気温を下回っています。それも、1度や2度ではなく1週間の平均で、5.8℃も低いのです。 13日と14日は4月の平均気温より低いのです。 4月中旬といえば、街中からほほとんどの雪がやっと消える時期です。 本当に寒いはずです。

6月上旬にキュウリ、スイカ、ピーマンなどを定植しました。 定植直後は真夏を思わせる暑さだったので、「今年はいい夏になる。 作物も順調に育つだろう」と思ったのもつかの間、この寒さです。 これが作物の苗に悪い影響を与えなければと思っています。
大陸(シベリア)の寒気団が北海道へやってきたのですが、なぜここまで寒くなるのか?、その原因を知りたいものです。

今年の5月~6月の気候は、寒暖の差が激しいようです。 極端に暑い日が何日か続いた後に、極端に寒い日が何日か続きます。 その繰り返しで今日まで来ています。おそらく、今後このパターンを繰り返す可能性が高いように思います。 今夏も例年なみの夏?、普通の夏?であるといいのですが・・・・・・。

※ 14日の気温、10.0℃は、ヤフーの天気予報、札幌の9時のもの。

ヤグルマソウ

2011.7.3
この花をずっ~とヤグルマソウと思っていました。しかし、正式名はヤグルマギクです。
・ヤグルマギク:キク科 ヤグルマギク属
・ヤグルマソウ:ユキノシタ科 ヤグルマソウ属 2018.6.10
本当のヤグルマソウは写真のように白い花を咲かせる草花です。 時折り個人の庭先で出会うことはありますが、そう多くはありません。

山の谷筋の斜面や樹陰を埋めつくして生える大きな草は、掌状に5つに切れ込んだ大きな葉が印象的で、ちょうど鯉のぼりの先につける矢車を思わせる。 長野県北部ではずばりゴハ(五葉)とよぶ。 明治以降、煙草欠乏の折には、この葉が貴重な代用品になった(朝日百科 世界の植物)。
2015.5.16                                2018.5.23                               2018.5.23
上の写真3枚は、ヤグルマソウの芽出し~つぼみ(開花直前)までのものです。
芽出しころの葉色は赤褐色をしていますが、つぼみの頃になると少し赤味が抜けて褐色に微妙に変化しています。
それが開花時になると、赤味が完全に抜けて緑色に変化します。
この現象は、草花の芽だし時期に赤色をしていて少し大きくなるとそれが抜けるのと同じで、ヤグルマソウはそれが大きくなるまで続くだけで、草花一般に起こることのようです。

この現象の説明を、日本植物生理学会の「みんなのひろば」登録番号:0693で以下のように説明しています。

新緑の頃、幾つかの木本植物が赤色の新芽を出しています。例えば垣根によく植えられるウバメガシは4-5月の間、新芽は赤色に見えますがこれらはアントシアニンによるものです。葉が成長して大きくなる6月頃に赤色は消え、葉は緑色になります。アントシアニンは主に葉の表皮細胞に分布し、表皮細胞の下にある柵状組織や海綿状組織にある(緑色の)光合成を行う葉緑体を紫外線や強い(太陽)光から守っていると考えられています。6月頃になって葉緑体が紫外線を防ぐことができ、太陽光に対する備えが充分できると、アントシアンニンは消え、緑色の葉になります。

 

 

 

キショウブ  要注意外来生物


2018.6.10  中島公園
池畔に咲いています。 この時期、アヤメ属でキショウブと同じ仲間のジャーマンアイリスが庭先や街路樹の植樹枡でよく見かけますが、この種は青~紫系の花が多いので、キショウブの黄色の花が咲いているのを見つけると、ある種の新鮮さを感じます。


2018.6.10
キショウブの花の形状を調べていると、面白いですね、この花には通常の花でいう花弁は1枚もないことが分かりました。
上の写真で分かるように、花被片(外花被片と内花被片がそれぞれ3枚と雌しべ(花柱)3本?3枚?が一つの花を形成しています。 雄しべは雌しべの下に隠れています。 アヤメ(文目)属の花は、花被片(内外3枚づつ)、雌しべ、雄しべそれぞれ3本、子房も3室あり、3が基本のようです。

花被片とは、がくと花弁が区別できない場合(未分化?)のことで、キショウブ(アヤメ属)は花弁が1枚もありませんが、コブシやモクレンなどモクレン属(マグノリア属)は、がくがなく?、花被片と花弁で花ができています。

以前、チョウセンゴミシの花は、同じ株でその年によって雌花だけが咲いたり、雄花だけの場合も、また、雄花と雌花が咲くこともあることを取り上げましたが、植物の変異?進化?は偶然で出来上がっているので、本当に何でもありの世界ですね。

<余談>
キショウブの原産地は、日本ではなく西アジアからヨーロッパで、明治時代に移入されたようです。 アヤメやハナショウブなどアヤメ属は、青~紫~ピンク~白系の花が多く、黄色が珍しいこともあって普及したのでしょう。 今では日本全国で野生化しているそうです。
キショウブは太い根茎を持っており、また、汚れて富栄養化した場所にも生育し繁殖力が旺盛なため、在来種との競合や駆逐等既存の生態系を乱すおそれがあるということで、「要注意外来生物」に指定されています。

調べてみるといろんなことが分かってきます。 この時期、水辺できれいな黄色の花を咲かせるキショウブが要注意外来生物とは思いもよりませんでした。 この花の見方が少し変わってきそうです。

 

 

 

ミズキ  開花

2018.6.3
もう花は終わってしまっているでしょうね。約1週間前に撮ったものです。
ちょうどそのころは、ミズキの白い花が満開でした。
藻岩山の山肌に白い模様をところどころで見つけることができました。
写真の場所は中央区南21条西15丁目で、建物は路面電車の車両基地のようです。
左の大木はカツラ。
2017.6.3
ミズキの花はそれとすぐにわかります。 枝が水平に伸びるために花が階段状に咲きます。

 

 

 

ツタウルシ 住宅地に

2018.6.1
住宅のガレージに這い上っているツタウルシ。 ここの家主は何年も不在のようで、このガレージのシャッターは長らく閉じたままのようです。
それにしてもどうしてツタウルシのような「かぶれ」を引き起こす植物が住宅街に生えているのでしょうか? おそらく、野鳥が運んでくるのでしょう。 住宅地も管理されていないと、危険なものが忍び込んできます。
2018.6.1
3出葉の葉が特徴です。
2018.6.1
最初見たとき、花のボリュームや咲き方がヤマウルシに似ているので戸惑ったのですが、➀ツタであること、➁葉が3出葉 この2点でツタウルシであることを確信しました。 ヤマウルシはニセアカシア、ナナカマド、オニグルミと同じように奇数羽状複葉で長さが30~40cmあります。

2018.6.3
何気なくこの歩道を通り過ぎてしまうと気づかないのですが、歩道脇に這い出しているのは、ツタウルシ。 藻岩山の裾野の福住桑園通歩道沿いに這っています。

⇒ ツタウルシ 紅葉

 

 

平成30年度 家庭菜園植つけ完了(その1)


右:ラズベリー    品種:インディアンサマー(赤い果実)
左:ブラックベリー  品種:ボイソンべリー(黒い果実)

4月17日に園芸店で購入しました。 植えたのが4月中旬なので、あまり成長していません。 しかし、ラズベリー(インディアン サマー)は蕾ができています。 夏に果実が少しですが採れそうです。 ブラックベリー(ボイソンベリー)はラズベリー(インディアンサマー)に比べて樹勢が劣るようです。 枝葉の伸び方を見るとつる性のようです。 まだ、蕾は上がってきていません。


スナックエンドウ:ぷっくり膨らんだ莢を茹でて、マヨネーズをつけて食べます。

5月10日にタネをまいています。 まだ小さいですが、生長すると草丈は1m弱になります。もう少し大きくなったら、支柱を立ててやります。


チマサンチュ  キク科でリーフレタスの一種。 タネはレタスとよく似ています。

4月17日にタネをまいて、4月30日に6cmポリポットに鉢上げ、5月12日に畑に定植しています。 定植までは室内で育てています。 そろそろ食べられそうです。 焼肉、サラダによく使います。


ミズナ アブラナ科
本当は冬の鍋に使いたいのですが、札幌では無理です。 夏場のサラダに使っています。 株中心分の若い葉を摘みとっていますいます。 そうすると、次から次と若い葉が出てきます。

  シソ:シソ科              パセリ:セリ科

5月15日、園芸店で購入し畑に植付。 摘みとるのはもう少し大きくなってからの6月下旬から。


左から、 ミックスサラダ、ホウレンソウ、ハツカダイコン、ミニダイコン
・ホウレンソウの発芽が悪く、芽が出たのが2株。 以前は上手く発芽したのですが、タネが古くなったか?
・ハツカダイコンはラディッシュで、赤くて丸いのものができます。 ミニダイコンは長さ10~15cmのミニダイコン。


バレイショ  品種:男爵
今年は、4月29日に種芋1.5kgを植え付け。 5月20日過ぎから土から葉が見え始めました。 5月30日に芽かき。 2本を残し、残りは引っ張って抜き取る。 芽が多いと小さな芋ができるため。 ついでに、少し土寄せも。


スイートコーン 品種:ハニーバンタム ピーターコーン(黄と白の粒が3:1) は種後87日で収穫できる中生品種。
5月15日にタネまき。 写真のとおり、100%近く発芽。  収穫は能書き通りの87日で計算すると、盆前の8月11日ですが、我家では8月20日以降の収穫となります。


エダマメ
例年は、5月20日、5月30日、6月10日の3回に分けてタネをまいていたのですが、今年はパターンを変えて、5日おきの、5月10日、5月15日、5月20日、5月27日、6月2日の5回に分けてタネをまきました。
写真は5月10日にタネをまいたもの。 ところどころ空いているのは、発芽しなかったところ。 1か所に3粒まいているのですが、芽が出たのは1つのものが多いです。 5月15日、5月20日にタネをまいたところも同じパターン。 ダイズ(エダマメ)は気温が低い(発芽に時間がかかるとタネが腐る)と発芽率が悪くなるのですが、今年の5月は寒暖の差が大きかったのが原因か? 来年はポットにタネまいて室内で発芽・育苗をしようと考えています。
キラキラテープはスズメ除け。